客層を見極めて適切な対応をすべし!

客層は見極めなければならないの?

自営業は、自分の好きな事・やりたいことを実現できます。より多くの収入を得るには、多くのお客様を呼び込む必要がありその為には幅広い客層を相手にした方が効率的だと言えます。このように単純に考えると幅広い客層を呼び込めるような策を講じがちですが、現実的には客層を絞った方が楽です。 例えば客層を若い女性に絞ると、高齢者にとって利用しにくい環境になるのは間違いありません。そこにはジェネレーションギャップがあるので、今の標準や流行に合わせると上の世代から見ると取っつきにくいお店になってしまいます。 ただ、常に若い女性をお店に呼び込むことができれば繁盛することは可能です。地元だけでなく全国からも人が集まれば更に盛り上がります。

どこで火が点くか分からない

若い女性をターゲットにして、商品や内装などを決めたとしても実際営業を開始してみると高齢者女性を中心に火が点いたということも珍しくありません。このようにターゲットが違うところで盛り上がるのはよくある事ですし、自営業者としては嬉しい悲鳴として対応するしかありません。 そこで、ターゲットの切り替えを行うことが大切です。まずなぜ高齢者女性を中心に人気を博したのか調べて、素早く切り替えることによって恒常的な売上アップに繋げます。よく調べてみるとお店周辺の人口の高齢化が進んでいたり、自営業を開始してから気づくこともあるのです。 お客様の求めていることに敏感にならず、自分だけの考えや信念で営業するのは好ましくありません。